うどんに関する情報が満載!

『うどん』 最新ツイート

いろいろな食べ方ができる基本のうどんからアレンジ系まで

うどんの基本的なおつゆにはかけだしとつけだし、ぶっかけだしの3種類があります。
かけだしはつゆを張って食べる温かいうどん用の汁で、つけだしはざるなどの冷たいものを少量ずつつけて食べるための濃いめの汁です。
ぶっかけだしは、どんぶり等に具とともに盛った冷たいものに直接かけて食べるためのお汁になります。
市販のものがあれば商品にかかれた分量通りに水で薄めればいいですが、ひと手間かけるときには、水ではなく昆布や干しシイタケ、鰹節などでつくっただしで薄めるとおいしくなり、ぶっかけだしは、かけだしとつけだしのちょうど中間程度の薄さに薄めることが大事です。
かけだしに関しては讃岐うどん用のおつゆを使うと、その専門店で供されるような黄金色のおつゆになります。
昆布や煮干し、混合節など複雑なうまみがからみあった野趣あふれる味わいになります。
干しシイタケを加えることもありますが、返しやしょうゆのかわりにアミノ酸類などを添加しただし醤油が利用されることが多くなっています。
また、このような定番の食べ方以外にもさまざまなアレンジが可能で、ベーコンと粉チーズ入りの釜玉カルボナーラやペペロンチーノ風のアレンジも可能です。
もともと、小麦粉と少々の塩でできていますので、甘いものともよく合います。

美味しいうどんやうどん店を探すコツ

私が住んでいる香川県は讃岐饂飩が有名で、香川県の別名はうどん県と観光PRしている程です。
そのような県の姿勢が影響したのか、観音寺市は別名いりこだしとPRしています。
そんな香川県の讃岐うどんですが、美味しい店舗を探す時に役に立つのが地元のタクシー会社の運転手に聞く事とインターネットによる検索があります。
香川県のタクシー会社の中では、うどんタクシーを運営しているタクシー会社もあり、観光客には大好評です。
しかし香川県に住んでいない場合には後者が有効になります。
ネットで探せばおすすめメニュー等も探す事ができたり、店舗の雰囲気や値段も調べる事ができ、タクシー運転手の持っている情報に近い情報を得る事ができます。
その意味でインターネットは有効だと考えられます。
次に実際店舗に行く時ですが、高松市や丸亀市、まんのう町などの幹線道の近くであれば迷う事なく店舗に行けますが、香川県の場合本当に美味しい店舗は市街地ではなく、山間部にあったり非常に分かりにくい場所にある事が多いです。
そのような時に役に立つのがカーナビです。
特にインターネットに接続されたカーナビは、リアルタイムの道路情報も見れたり、店舗周辺の様々な観光情報が見れるので便利です。

recommend

オリジナル マグカップ
http://www.mugmate.com/
垂水 賃貸
http://www.live-dsn-t.com/
インテリア雑貨 仕入れ
http://cuddly-ai-shop.com/
不用品回収 春日市
http://anny-recycle.com/
浮気調査 東京
http://www.aoshigure.jp/
クロコダイル バッグ
http://www.nanao-bag.jp/
絵画の販売
http://www.sakura-art.jp/

Last update:2016/6/10